料金のご案内

ご予算、業務内容に応じ通訳者のクラスや人数をご提案しお見積りしますので、お気軽にお問い合わせください。

通訳料金の目安(通訳者1名終日8時間内拘束の場合)

  • S クラス
  • ¥100,000 ~¥120,000

Aクラスの中でも特に著名であり、特定分野の実績が顕著である者。若干名。

  • Aクラス
  • ¥80,000 ~¥100,000

同時通訳レベル。高度な専門的知識を有し、国際会議や学会、セミナー等での通訳経験が10年以上の実績と実力を兼ね備えた通訳者。

  • Bクラス
  • ¥60,000 ~¥80,000

逐次通訳・ウィスパリング通訳レベル。社内会議や視察、レセプションでの司会・挨拶の通訳に適した通訳者。

  • C クラス
  • ¥40,000 ~

一般的な商談やアテンド、展示会ブース付の通訳に適した通訳者。

出張規定について

国内、海外出張の際には、移動拘束料、日当など別途費用がかかります。国内地方、海外にも通訳者のネットワークを有しておりますので、お問い合わせ時にご相談下さい。

キャンセル料について

案件確定後のキャンセルは、日時変更も含めてキャンセル料の対象になりますのでご了承下さい。

お支払いについて

初めてのお取引の際には、前払いを原則お願いしております。

通訳方式と対応人数

業務の難易度、アジェンダ、タイムスケジュールの内容を確認させていただき、適する通訳人数とクラスをご提案致します。

【同時通訳】

【同時通訳】

「聞く」「訳す」をほぼ同時に行います。通訳者は通訳ブースの中でヘッドフォンを通して発言内容を聞き、マイクを通して通訳を行います。聞き手はレシーバーを通して通訳を聞きます。同時通訳を行うために同時通訳機材、音響機材が必要となります。
同時通訳機材については<通訳機材サービス>をご覧ください。同時通訳は高い集中力を要するため、パートナーと交代しながら通訳を行うことで品質を保ちます。

全日:通訳者3~4名体制
半日:通訳者2~3名体制

【逐次通訳】

【逐次通訳】

スピーカーの発言の区切りごとに訳していきます。ご発言→通訳→ご発言→通訳と交互に進んでいきますので、全体でご発言の2倍の時間が必要となります。例えば1 時間の会議時間ですとスピーカーの持ち時間は30分(通訳時間の30分を加えて1時間の会議時間)となります。

全日:通訳者2~3名体制
半日:通訳者1~2名体制

【ウィスパリング通訳】

【ウィスパリング通訳】

通訳を必要とされる1~2名の方の傍に寄り添い、ささやくように通訳を行います。簡易通訳機材を使用して複数名の方に通訳をすることも可能です。話者の発言が聞こえにくい環境ですと通訳に支障がでますので、マイクを使って発言頂くなど通訳環境を整える必要がございます。簡易通訳機材については<通訳機材サービス>をご覧ください。

【リレー同時通訳】

【リレー同時通訳】

使用言語が3言語以上の場合、リレー同時通訳が行われます。例えば、日本語、中国語、韓国語を使う会議では、日本語をキー言語として、中国語のご発言を中国語通訳者が日本語に訳し、その日本語訳を聞いて韓国語通訳者が韓国語に通訳します。日本語を「介する」ことで、リレー同時通訳と呼ばれています。リレー同時通訳ではさらに高度な通訳技術と日本語力が要求されます。